HULS Gallery Tokyo

KISEN「段」

¥25,000

静かに佇む存在感

山中漆器の優れた木地挽きの技術により実現した、オブジェのような茶筒。一本の木材から蓋と身に割って挽いており、木目がつながっているのが特徴。そのつながった木目を「木線」として、KISENと名付けられました。静かな存在感を醸し出す、木が持つ本来の美しさを楽しめる逸品。

  • 地域: 石川県・山中
  • ブランド: 我戸幹男商店
  • 素材: ケヤキ/ウレタン塗料
  • サイズ: φ80 x h110mm
  • 紙箱付き

<木地挽き>

木材をろくろまたは旋盤で回転させ、それに刃物を当てて器の形に削り出す技術のこと。この工程を専門とする職人を木地師といい、木地師それぞれが独自に作った刃物を用いることで、完成度の高い木地が仕上げられる。

<ご使用上の注意点>

  • 食器洗浄機、電子レンジ、オーブン、直火ではお使いいただけません。
  • 長時間湯水に浸たさないでください。
  • 使用後はできるだけ早く洗い、乾いたやわらかい布で水分をふき取ってください。
  • 変色する恐れがありますので、直射日光を避けて保管してください。
  • 手作業でつくられているため、一点一点風合いが若干異なります。

その他、ご質問・お問い合わせはinfo@hulsgallerytokyo.comまで。

おすすめ商品

最近チェックした商品