HULS Gallery Tokyo

加藤亮太郎 / 織部茶碗(一点物)

¥165,000

税込

岐阜県多治見の陶芸家、加藤亮太郎さんの織部茶碗。穴窯で何日もかけて焼成されることで生まれた、緑釉の窯変によるグラデーションや灰が焦げて黒くなった口縁など、変化に富んだ景色が見事な逸品です。

<作家紹介:加藤亮太郎>

岐阜県多治見を拠点に作陶を行なう陶芸家。「幸兵衛窯」八代目。伝統を礎とした独自の表現を追求し、穴窯焼成による志野や織部、引出黒などの美濃焼の茶陶を中心に製作を続けている。

<ご使用上の注意点>
  • 食器洗浄機、電子レンジ、オーブン、直火ではお使いいただけません。
  • こちらの作品は、作家の手作りによる一点ものです。

その他、ご質問・お問い合わせはinfo@hulsgallerytokyo.comまで。

  • Area: Tajimi, Gifu Prefecture
  • Artist: Ryotaro Kato
  • Material: Ceramic
  • Size:  φ120 × h85mm
  • This product comes with its own box.

在庫は残り 1 点です。

おすすめ商品

最近チェックした商品