HULS Gallery Tokyo

樽田裕史 / ゆらぎぐい呑

¥5,000

透彫をした箇所に透明な釉薬をかけ焼成する「蛍手」の技法を用いて作られたぐい呑。光を当てれば、美しい光がこぼれ落ちます。

  • 地域: 愛知県・瀬戸
  • 作家: 樽田裕史
  • 素材: 磁器
  • サイズ:φ57 × h45mm
  • こちらの商品に箱は付属しません。

<蛍手>

素地を透彫(すかしぼり)にした後、その空間に透明釉を充填して焼成する技法。光を通して文様が浮きあがるため、蛍の光に例えて「蛍手」と呼ばれる。

<ご使用上の注意点>

  • 食器洗浄機、電子レンジでご使用いただけます。
  • 電子レンジを使用する際は、必ず食品を入れてください。何も入れずに使用すると、やけどや破損の原因になります。
  • 急な温度の変化で割れやすくなりますので、電子レンジでの加熱後すぐに水に浸すなどはお控えください。
  • オーブンや直火ではお使いいただけません。
  • 手作業でつくられているため、一点一点風合いが若干異なります。

その他、ご質問・お問い合わせはinfo@hulsgallerytokyo.comまで。

おすすめ商品

最近チェックした商品