Japanese Contemporary Crafts Gallery

日本の美しい手仕事

東京・赤坂/六本木にある現代工芸ギャラリー。茶器、酒器、皿・鉢、作家のうつわなど、常時200点以上の日本の工芸品を展示・販売しています。

営業時間:10:00 – 18:30(月−土)

ギャラリー公式サイト

茶器

HULS GALLERYでは、日常使いの急須や湯呑、見応えのある工芸作家の茶碗、その他プレートやトレイなど、上質な茶の時間を演出してくれる茶器を取り揃えています。

宝瓶の使い方

茶器(急須、宝瓶、茶筒)

皿・鉢

東京とシンガポールのギャラリーを通じて、一流のレストランに器を納めるHULS GALLERYならではの上質なうつわのセレクトです。特別な日だけでなく、普段使いにもお使いいただけるうつわを厳選して、取り揃えています。

職人・作家のインタビュー

作り手の声

作り手の声:ガラス作家 光井威善さん

作り手の声:ガラス作家 光井威善さん

HULS Gallery Tokyo にて 2022 年 4 月 8 日から 23 日まで開催された、富山県在住のガラス作家 光井威善さんの作品展「Melting」。今回の企画展に合わせて、作品の見どころやご自身の制作活動についてお話を伺いました。 - はじめに、光井さんがガラス作家になろう...

続きを読む
作り手の声:塗師 冨樫孝男さん

作り手の声:塗師 冨樫孝男さん

HULS Gallery Tokyo にて 2022 年 3 月 5 日から 19 日まで開催された、福島県会津若松の塗師 冨樫孝男さんの作品展『古今折衷』。塗師になって今年で 30 周年という冨樫さんに、本展の見どころやご自身の制作活動についてお話を伺いました。 - 会津に工房を構...

続きを読む
作り手の声: 陶芸家/李荘窯 寺内信二さん <Part 2>

作り手の声: 陶芸家/李荘窯 寺内信二さん <Part 2>

有田のサステナブルな取組み~泉山と天草の陶土開発プロジェクト~ HULS GALLERY TOKYOでは、2021年11月に、有田焼窯元・李荘窯四代目当主である、陶芸家の寺内信二さんの個展「泉山への回帰」を開催いたしました。 本個展の関連企画として行ったトークセッションでは、古伊万里が原点とな...

続きを読む

最新情報や特集などを配信しています

お知らせ

「これからの工芸 小倉 縞縞・高野竹工 展」開催のお知らせ

「これからの工芸 小倉 縞縞・高野竹工 展」開催のお知らせ

HULS Gallery Tokyo では、北九州の小倉織ブランド「小倉 縞縞」と京都の竹工芸メーカー「高野竹工」の企画展を開催いたします。昨今関心が高まる SDGs(持続可能な開発目標)は、工芸の世界にも広がっています。本展では、小倉 縞縞の繊細な縞模様「黒万筋」を用いたギャラリー別注のテ...

続きを読む
常滑焼「ban」シェフ向け展示会 開催のお知らせ

常滑焼「ban」シェフ向け展示会 開催のお知らせ

愛知県常滑から生まれた、料理のための器「ban」。常滑焼特有の細かな土を用いながら、均整のとれたフォルムを実現。その美しい器の数々は、国内外のシェフや料理家からも注目されており、このたび HULS GALLERY TOKYO では、ban 初となるシェフ向けの展示会を開催することにいたしまし...

続きを読む
「漆を継ぐ 越前漆器・漆琳堂 展」開催のお知らせ

「漆を継ぐ 越前漆器・漆琳堂 展」開催のお知らせ

1793 年の創業以来、越前漆器の産地、福井県鯖江市で代々漆業を営む漆琳堂。業務用漆器の製造で培った、美しく堅牢な漆器づくりを受け継ぎながら、毎日の暮らしに調和する新感覚の漆器を生み出しています。本展示では、新作の食洗機対応漆器や越前の手すき和紙を用いたお椀の販売に加え、職人が手がけた金継ぎ...

続きを読む

蒐集家のための逸品

酒器(一点物)

世に二つとない一点物の酒器は、古くから多くの蒐集家を魅了してきました。作り手と自然の調和によって生まれた作品の数々をお楽しみください。

コレクションを見る

特別な贈り物

ギフトセレクション

⽇本各地の⼯芸品からギフトに最適な品を厳選し、個⼈の贈り物からコーポレートギフトまで、様々な贈答シーンにご活⽤いただける⼯芸品を紹介しています。ギフト商品は、水引、リボンラッピングのいずれかをお選びいただけます。

コレクションを見る

HULS GALLERY TOKYO PV

作り手たちのストーリー

海を越え、工芸に新たな道を。
日本工芸を世界に発信していくオンラインメディア。

「KOGEI STANDARD」